男女の恋愛の行方 恋愛心理の様々

男女の恋愛における本音と建前、恋の深層心理を解き明かしていきたいと思います!

亀梨和也&山下智久のボク、運命の人です。 スコアボードに書かれた番号に連絡

f:id:motekirenai:20170430003922j:plain

 

亀梨和也山下智久のボク、運命の人です。 スコアボードに書かれた番号に連絡
良いな~あかいといとうの野球少年も良かったですね!!

 

 

女性が結婚に求める男性への条件
性格・見た目・収入・頼りがい・ユーモア・価値観
理想の六角形の男・定岡光圀!!笑

 

 

クラシック音楽が物語の感情を表現してましたね!!
結婚行進曲 メンデルスゾーン
展覧会の絵 ハソルグスキー
天国と地獄 オッフェンバック
凱旋行進曲 メンディー
別れの曲 ショパン
魔王 シューベルト
月の光 ドッピューシー

 

 

クラシックにはまってやろうかしら^^

 

 

 

f:id:motekirenai:20170430004037j:plain

 

彼女の作り方を城咲仁が伝授!女の子が一瞬で惚れてしまうデート術

 

 

第3話では、誠(亀梨)が、恋敵・定岡(満島真之介)から「明日、晴子(木村)に告白しようと思っている」と宣言される。

 

 

晴子に連絡先すら渡せていない誠は、何とかそれを阻止しようと奮闘するも間に合わず、定岡のプロポーズ現場を目撃。晴子が笑顔を浮かべているのを見て、プロポーズに応じたのだと察し、一人落ち込む誠。

 


河川敷で黄昏れていると、少年2人組から一緒に野球をしてほしいと頼まれ、無邪気な少年のおかげで徐々に傷が癒えていく。試合に夢中になっていると、偶然晴子に遭遇。そこで晴子が定岡からの告白を断っていたことが判明する。

 

 

自分の思い違いだとわかった誠は、ふと目にしたスコアボードが自分の携帯番号と一致していることに気づく。運命的な偶然に後押しされ、誠はスコアボードが自分の携帯番号になっていること、少年2人の名前があかい君・いとう君で“赤い糸”になっていることを晴子に伝え、2人の間の“運命”を訴えた。

 

 

誠との“運命”に半信半疑ながらも、晴子はその夜、スコアボードに書かれた番号に連絡。すると電話に出たのは誠。誠は晴子からの連絡に喜び、デートの約束を取りつけることにも成功した。

 

 

晴子の心の中が見えないですね~まだ!!
そしてエンディングのダンスの最後の亀梨和也山下智久の2ショット毎回変わるんですね!!

 

 

彼女の作り方を城咲仁が伝授!女の子が一瞬で惚れてしまうデート術