男女の恋愛の行方 恋愛心理の様々

男女の恋愛における本音と建前、恋の深層心理を解き明かしていきたいと思います!

単純接触効果

f:id:motekirenai:20170617202339j:plain

 

 

 

人は、顔を合わせたり話をする機会を多く持つ相手に好意を抱きやすい、という原理です。

 

 

難しいことを考えなくても、接触頻度が多ければ、それだけ相手の心に残りやすいし、親近感も増すわけで、理にかなっている

 

 

バスや電車などで毎朝見かける人にたいして、友人や知人でもないのに、知らず知らずのうちに好感を持ち、仲間のような親近感を覚えることがあります。

 

 

単純接触効果は、実はマーケティングや広告の世界で広く知られる手法であり、たとえば、テレビで頻繁に流れるCMは、この効果を用いています。

 

 

たとえば、最初はどうでもいいと思っていたタレントであっても、テレビで何度も見ているうちに好きになったりするのも、これが原因。

 

 

会っている時間の長さよりも、会う回数の頻度によって効果が高まると言われています。

 

 

一日中付きまとっていることよりも、一日のうちで一回か二回程度見かけるくらいの軽い接触のほうが、相手に好感度を与えるという方法