男女の恋愛の行方 恋愛心理の様々

男女の恋愛における本音と建前、恋の深層心理を解き明かしていきたいと思います!

心理学を基にしたメールテクニック

ポジティブな言葉を選ぶ!!

 

 

 

メールでも日常会話でもそうだが、暗くなるような話題はあまり好ましくない。 文章に誰々が嫌いだとか、疲れたなどの言葉が入っていると心理的に本当に暗い気分になっていく。 逆に明るいプラスの言葉が文章中にあれば、メールしていて楽しいと思ってくれるだろう。

 



人は、相手の言葉がネガティブな表現ばかりの人は相手にそういった印象を持ち。反対にネガティブなことばかり言っていると、相手にそのような印象を与えてしまう。

 


また、不思議なことに相手のネガティブな話ばかりを聞いていると、聞かされている相手もネガティブな気分になってしまう。そのため、ネガティブな話ばかり聞いていると、聞いている相手は疲れてしまうため、心が逃げてしまうのだ。

 


例えば、「ファミレスで食べたラーメンがおいしかった」「昨日見た映画が面白かった」なんていうのもプラスの話題だ。 このように出来るだけポジティブな表現を使って、相手の心が逃げてしまわないようにしなければならない。

 

 

相手が返信しやすいメールを心がける

 

 

 

まずは、相手が返事しやすいメールを送るということ。これは、自分のことが書かれているメールや、内容がないメールなどでは、返事をしても内容を考えるのが大変だったり、返事をする側から考えると、あいづちを打つのみでは悪い感じがするため、メールをするのが憶になる。

 


そこで、自分のことを書きも、さりげなく相手に質問を投げかけてみるといい。

 


『自分はは洋画が好きなんだけど、どのような映画が好き。』
『今日は寒かったね。もうコタツは出した?』
など、どのような内容でもか まわないと思いますね。相手が返事を書こうと思ったとき、内容を考えなくてもさっと返事が出せるようなメールを書くことが一番大切だ。

 


また反対に、避けたいのは、『絶対に返事ください』などのように返事を強要する言葉だ。この言葉があるだけで負担を感じてしまうので使わない方がいい。これは、相手がメールを返せないときなどに、罪悪感を感じて、相手とメールするのが嫌に感じたり、また、強制的で自分の自由を縛られている感じがして、心がそこから逃げたい気持ちになるからだ。

 

 

【公式】LINEテンプレート〜女性に好かれるメール術〜