男女の恋愛の行方 恋愛心理の様々

男女の恋愛における本音と建前、恋の深層心理を解き明かしていきたいと思います!

6つの恋愛タイプ

f:id:motekirenai:20170817133935j:plain

 

 

 

カナダの社会学者にジョン・アラン・リ-という心理学者がいます。彼は多くの小説や歴史、哲学文献など様々な分野の恋愛における調査を行い、世界の全ての恋愛は大きくわけて6つに分けられると導き出しました。
以下に、その6つを紹介していきたいと思います。

 

 

①エロスな恋・美を求める愛
愛という感情にとても価値を置き、決して愛に取り憑かれようなことはないという感覚のことをエロスといいます。
また、愛情をもつ相手に希望する身体的な特徴はかなりはっきりとしています。そういった特徴を持つために一目ぼれなど相手の外見に左右されて恋に落ちやすいタイプであるといえます。。
このタイプの特徴は、自尊心が非常に高く自分の内面を隠すということは殆どありません。また、相手に対しての関心度も非常に高く、自分に自信があるため、独占欲や嫉妬などの感情は全くといっていいほどありません。

 

 

②ルダスな恋・遊びの愛
恋愛行為をゲ-ム感覚で楽しみますが、と同時にその恋愛をとても大切にするタイプです。
相手に執着することはありません。
同時に複数の相手と付き合うこともできて、どの相手とも適度な距離をとった付き合いをするので決して本気の恋愛にはなりません。また好みのタイプに偏りはなく様々なタイプのパ-トナ-と広く付き合えます。
このタイプの特徴は、自己の抑制度がとても低くく、人間関係においては非常に外交的でありますが、反面攻撃性が高いことといえます。

 

 

③マニアな恋・取り憑かれた愛
相手から異常なまでの関心と愛情を得たいと強く思うタイプです。
その異常なまでの嫉妬心や独占欲が幾度となく起こり、それを確かめることで自分が相手から愛されていることを実感します。
また、少しでも相手の気持ちに不安感を抱くと、食欲が低下したり、眠れなくなったり、悲哀感を常に感じたりなど体力やメンタル面での衰弱が目立ちます。更には相手が他の異性と会話をしただけで嫉妬心が生まれます。
このタイプの特徴は、非常に高い防衛性と攻撃性、神経症な傾向があり、社会に認められたいという欲が強く、常に不安と葛藤と依存の3つが同居している状態といえます。

 

 

④アガペな恋・愛他的愛
相手の利益だけしか考えず、それにより自分自身が犠牲になることはいといません。相手から自分が愛されていなくても構わないタイプです。
ジョン・リ-いわく、この恋愛タイプに完全にあてはまる人間は実際にこの世には存在しないという調査結果が出ました。

 

 

⑤プラグマな恋・現実主義的愛
愛という感情に6つのタイプの中では一番現実的なアプロ-チをします。そもそもの相手選びから慎重に行います。恋愛を自分の地位を上昇させるための手段に用いたりと、恋愛以外の目的を達成する為の手段であるいう考えです。恋愛相手を選ぶ際には、社会的な地位や自分との釣り合いなど、様々な観点から調査し、自分の中の基準を満たした人が初めて恋愛対象の相手となります。
このタイプの特徴は、自立心が低く、秩序や常識にとらわれやすいと考えられています。現実的で恋愛に損得や利益を重視するタイプといえます。

 

 

⑥ストゲな恋・友愛
感情は非常に穏やかで友達感覚の恋愛をするタイプです。友人同士から恋愛に発展する人が多く、恋愛関係に至るまでに非常に長い時間をかけて、ゆっくりと愛が生まれていきます。自分でも気付かないうちに相手と結ばれていることが多いのです。
このタイプの人は、結婚して良い家庭を築いていくことが人生の最大の目標としていることが多く、相手と遠く離れて暮らしていても二人の関係に問題は生じることが少ないといえます。なぜなら長い時間と確かな信頼が二人の間にあるからです。また恋愛関係が終わってしまっても、友達や親友として関係を続けていくことができます。

 

 

ジョン・リーは恋愛における心理学の研究において、「同じタイプの人と付き合うとその恋愛はうまくいく」「恋愛タイプの違う異性と付き合ってもうまくいかない」と主張しました。
しかし、これらのタイプは常に変化していて、必ずしも同じタイプだからといって、その関係が絶対に上手くいくわけではありません。100のカップルがあったら恋愛のタイプは100。あくまでも心理学的に恋愛を捉えたときの場合です。
自分の現在の環境や、状態、異性のタイプなどを知る基準として参考にしてみるのはいいかもしれませんね。